フコク生命

お子さまとパパママを応援する情報サイト

フコク赤ちゃん&キッズクラブ
フコク赤ちゃん&キッズクラブ

「あと1品作りたいな・・・」
「家にあるもので時間かけずに作りたい!」
そんなママパパにぴったりな、若菜まりえさんの監修の簡単・時短・節約レシピを毎月ご紹介★

若菜まりえ

若菜まりえ

時短料理研究家・料理インフルエンサー。幼少より食品と料理に興味を持ち、大学で食品生化学を専攻。卒業後は食品原料に携わる。現在はカリスマ主婦としてレンジでできる時短おかずを意欲的に発表。自身のブログ「つくりおき食堂」はレシピブログアワード新人部門グランプリを受賞。そのレシピはどれも簡単でおいしい!とワーキングママを中心に熱狂的なファンを持つ、今最も注目されている料理研究家。

加熱なし!なめらか水切りヨーグルトサンデー

薄切りにして冷凍したバナナだけでもお子さまのおやつになります。冷凍庫にあると突然の「アイス食べたい」リクエストにこたえられて便利です。

調理時間:20分
ヨーグルトの水切り、冷凍の時間はのぞく

材料(3人分)

プレーンヨーグルト 1パック(400g)
砂糖 大さじ3
バナナ 小1本
フルーツ入りグラノーラ 適量

※分量は3人分ですが器の都合上、写真は1人分で撮っています。写真と同じものが3つできます。


作り方

1 ボウルの上にザルを重ね、プレーンヨーグルトはザルの上でキッチンペーパーに包み、水(分量外)500mlを入れたポリ袋を上にのせ、1時間半水切りする。
2 水切りしたヨーグルトはフリーザーバッグに入れ、砂糖大さじ3を入れ、袋の上からかるく手で揉み混ぜ、3時間以上冷凍する。
3 バナナは5~7ミリ幅に薄く切り、ラップの上にのせ包み、フリーザーバッグに入れ、2時間以上冷凍する。
4 凍らせた水切りヨーグルトは室温に10分置き、手で割り皿に盛る。
5 凍らせたバナナとフルーツ入りグラノーラをトッピングし完成。

ワンポイントアドバイス

ヨーグルトは水切りしてから砂糖を入れて冷凍するとクリームチーズのようになめらかになっておすすめです。クリームチーズよりずっと安いので節約にもなります。トッピングは冷凍バナナのほか、市販品の冷凍ブルーベリーなどもおすすめです。

セサミクッキー

お子さまに大人気!ポリ袋に材料を入れ、手で揉む作業はお子さまとご一緒に楽しめます。トースターで焼くあいだ、バターとごまの香ばしいかおりに包まれます。

調理時間:20分
(冷蔵庫で寝かせる時間も含む)

材料(2~3人分)

有塩バター 30g(大さじ2と1/2)
砂糖 18g(大さじ2)
小麦粉(薄力粉)60g
白ごま 大さじ1
黒ごま 大さじ1

※有塩バターはマーガリン、無塩バターでも代用可能です。

作り方

1 バターは清潔なポリ袋に入れ、平らな場所に置き、袋の上から手で押す。なめらかなクリーム状になるまで揉む。
2 バターがクリーム状になったら、砂糖を入れ、なめらかになるまで袋の上から手で揉む。
3 全体がなじんだら、小麦粉、ごまを入れ袋の上から手で揉む。粉っぽさがなくなり、全体がしっとりするまで揉む。
4 ポリ袋の中で直径3センチ程度の円柱型にまとめ、冷蔵庫に入れ10分おく。
5 包丁で5ミリ幅に切り、アルミホイルの上に並べる。
6 オーブントースターの鉄板の上にのせ、5~7分焼き、表面に軽く焼き色がついたらできあがり。

ワンポイントアドバイス

加熱直後は柔らかいですが、粗熱がとれるとクッキーらしい固さになります。
ごまが1種類しかない場合は、1種類のみでも作れます。白ごま、または黒ごまを大さじ1入れてください。加熱はオーブントースターで行ってください。電子レンジでは作れません。