フコク赤ちゃん&キッズクラブ
フコク赤ちゃん&キッズクラブ

「あと1品作りたいな・・・」
「家にあるもので時間かけずに作りたい!」
そんなママパパにぴったりな、若菜まりえさんの監修の簡単・時短・節約レシピを毎月ご紹介★

若菜まりえ

若菜まりえ

時短料理研究家・料理インフルエンサー。幼少より食品と料理に興味を持ち、大学で食品生化学を専攻。卒業後は食品原料に携わる。現在はカリスマ主婦としてレンジでできる時短おかずを意欲的に発表。自身のブログ「つくりおき食堂」はレシピブログアワード新人部門グランプリを受賞。そのレシピはどれも簡単でおいしい!とワーキングママを中心に熱狂的なファンを持つ、今最も注目されている料理研究家。

もちもち米粉パンケーキ

卵と小麦粉を使わずに作れるもちふわ食感のパンケーキです。ふわっとしているのに、中はもっちり。甘さ控えめなので朝食や間食等にもおすすめです。米粉の甘みが感じられ、お子さまに大人気です。

調理時間:20分

材料(2枚分)

米粉 70g
ベーキングパウダー 小さじ1(4g)
砂糖 大さじ1
塩 ひとつまみ
牛乳 大さじ6
サラダ油 大さじ1/2
サラダ油(焼く用) 適量
バター 10g(お好みで)

作り方

1 ボウルに、米粉、ベーキングパウダー、砂糖、塩を入れて泡だて器で混ぜる。
2 ①に牛乳、サラダ油を入れて、なめらかになるまでよく混ぜる。
3 フライパンにサラダ油を入れて、キッチンペーパーで薄く塗り広げる。
4 フライパンを中火より少し弱めで熱し、生地の1/2量を入れてフタをして、2分ほど焼く。裏返して再びフタをして1分30秒ほど焼く。1枚目が焼けたら器に取り出し、残りの1/2量の生地もフライパンに入れる。1枚目よりもやや火加減を弱めて同じように焼く。
5 器にのせて、お好みでバターをのせる。

ワンポイントアドバイス

混ぜた直後は生地がゆるく感じますが、少し時間が経つと固くなるので、焼く直前にもう一度混ぜると流し入れやすくなります。2枚目を焼くときはフライパンが温まっているので、1枚目より火加減を弱く調節してください。

新じゃがホクホクポテトパイ

ホクホクの新じゃがいもをパリパリの皮で包んだ、お子さまに大人気のメニューです。ベーコンのうま味とバターのコクがあり、つい手が伸びてしまう美味しさです。包む作業はお子さまと一緒にすると楽しいですよ。

調理時間:30分

材料(10個分)

新じゃがいも 中1個(150g)
玉ねぎ 1/8個(25g)
ハーフベーコン 2枚
顆粒コンソメ 小さじ1
バター 10g
ぎょうざの皮 10枚
水 適量(形成用)

作り方

1 新じゃがいもの皮をむき、2センチ角に切って、さっと洗ってから耐熱容器に入れて、水気を切る。ふんわりラップをかぶせて600Wの電子レンジで4分加熱する。
2 玉ねぎとベーコンをあらみじん切りにする。
3 ①を取り出し、②、顆粒コンソメ、バターを入れてヘラで新じゃがいもを潰しながらよく混ぜる。ふんわりラップをかぶせて再度電子レンジで1分加熱し、取り出して10等分にする。
4 ぎょうざの皮に③をのせて、皮のふちに水をつけてから半分に折りたたみ、ふちをしっかり押さえる。
5 オーブントースターで8分程、薄茶色になるまで焼く。

ワンポイントアドバイス

電子レンジで加熱した後は熱くなっているので、注意して取り出してください。新じゃがいもの代わりに普通のじゃがいもでも作れます。

若菜まりえ

若菜まりえ

時短料理研究家・料理インフルエンサー。幼少より食品と料理に興味を持ち、大学で食品生化学を専攻。卒業後は食品原料に携わる。現在はカリスマ主婦としてレンジでできる時短おかずを意欲的に発表。自身のブログ「つくりおき食堂」はレシピブログアワード新人部門グランプリを受賞。そのレシピはどれも簡単でおいしい!とワーキングママを中心に熱狂的なファンを持つ、今最も注目されている料理研究家。