• HOME
  • 赤ちゃんクラブとは
  • プレゼント応募
  • リメイクレシピ付き!今月の常備菜レシピ
  • 今月の絵本
  • 全国の0円遊び場
  • イベント検索

週末のおでかけにお役立ち!全国の0円遊び場

雨が降ってきても楽しめる場所

お休みに子どもと一緒におでかけして楽しく過ごしたい、たくさんの思い出を残したいけれど、出費を考えると頻繁には行けないのが悩ましいところです。そこで、こちらのコーナーでは、入館料や入場料がかからず、無料で楽しめる施設をご紹介します。

梅雨が明けるまでの、雨が降っていなくても傘の手放せないような休日は、どこに行こうかと悩んでしまいます。そこで今回は、屋外と屋内の両方で遊べるスポットをご紹介します。岐阜県の養老公園は、広い敷地内に公園やアスレチック、アートの世界に入り込んで遊べるテーマパークや美しい「養老の滝」まで見られる人気スポット。晴れた日には、屋外での遊びを思う存分満喫したい場所ですが、屋内にも、体を動かして遊べるコーナーがあります。熊本市水の科学館は水について学べる施設です。ゲームやクイズに答えながら雨が降ることで地下水となる流れを学べるので、生活に欠かせない雨の存在に感謝したくなりそうです。屋外には遊水池があるので、晴れた日には水着やタオルなどを持っておでかけしましょう。

養老公園(岐阜県養老郡)

養老鉄道「養老」駅から徒歩で約10分の場所にある、年間のべ120万人以上が訪れる人気のスポットです。入り口の近くには、敷地面積約10万㎡の「岐阜県こどもの国」があり、すべり台やジャングルジムなどが一つになったコンビネーション遊具や大きな砂場で遊べる「わんぱくひろば」、無料で三輪車に乗れる「なかよしひろば」、広い草原のような「のびのびひろば」などがあり、屋外で思いっきり体を動かして遊べます。屋内にある「こどもの家」には、クッション性のやわらかいブロックやマット類のある「こどもホール」や、絵本の充実した「図書室」、イベントが開催されたり休憩室として利用できたりする「多目的ホール」などがあるので、雨の日や暑さの厳しい日でも楽しめます。また、公園内には、「こどもの国」の先には、美術家の荒川修作氏と詩人のマドリン・ギンズ氏の構想を実現した体で直接アートを楽しめるテーマパーク「養老天命反転地(有料)」があります。インスタ映えするスポットとしても有名なので、フォトジェニックな撮影を楽しめます。さらに園内にある、清涼感溢れる「養老の滝」で休憩すれば、遊び疲れが吹き飛びそうです。そして、7月13日(土)から8月31日(土)までの夏季中は、小学3年生以下向けの「こどもプール」がオープンし、オムツの外れているお子さまから利用できる水深30cmと60cmのひょうたん型のプールで遊べます。さらに、濃尾平野や南アルプスを一望できる「養老キャンプセンター」(有料)は、バンガローやロッジを格安料金で利用できるので、キャンプ初心者におすすめです。

■所在地:岐阜県養老郡養老町高林1298-2
■TEL: 0584-32-0501
■開園時間: 9:00~17:00(こどもの家9:00~16:30)
■休園日: 月曜日(祝日の場合は翌平日)、年末年始(12/29~1/3)
■設備: オムツ交換台、授乳室(「こどもの家」内)、自動販売機
■アクセス:
◇電車
養老鉄道「養老」駅下車 徒歩約10分
◇ 車
東海環状道「養老」ICから約10分、名神高速道路「大垣」ICから約20分、名神高速道路「関ヶ原」ICから約25分
■駐車場 普通車約800台(無料)
※園内にある民営管理駐車場は有料
【HP】https://www.yoro-park.com

2019年4月取材

熊本市水の科学館(熊本県熊本市)

熊本市は大正13年(1924年)に給水が開始されて以来、水源のすべてに地下水が使われています。人口50万人以上の都市で、全世帯の水道水が地下水というのは、全国でも熊本市だけ! ここはそんな同市の財産である地下水や水環境を守る下水道について、広く知ってもらおうという狙いで建てられた施設です。5つの国に区切られており、ナビゲートしてくれるのは、かわいいしずく形のキャラクター・ウォッタくん。「空の国」では上下水道の仕組みをシアターで学べ、「地下の国」では阿蘇山の模型にボールの雨を降らせることで、雨が地下に染み込む様子がわかり、自然の中でおいしい水が作られる過程を学ぶことができます。ほかにも、加藤清正公の治水のしごとなどを紹介している「大地の国」、上下水道局の仕事をバーチャル体験できる「つながりの国」などを、体験やクイズを通して進んでいきます。そして最後の「海の国」では、きれいな水を守っていくためにどんなことを大切にしたいか、自分の意見をメモに書いて干潟の壁に貼り付けます。それぞれの国を出る前に、隠れているスタンプを見つけて押していけば、ゴール。地下水の仕組みを学んだ後は、屋外にある遊水池で水遊びをして楽しみましょう。水道歴史探索ゲームや応急給水体験会、水のクイズ王決定戦など、お楽しみイベントも見逃せません。毎月のイベント情報はホームページ内の「お知らせ・イベントブログ」で告知されているので、おでかけ前にチェックしておきましょう。

■所在地:熊本県熊本市北区八景水谷1丁目11-1
■TEL: 096-346-1100
■開館時間:9:00~17:00
■休館日:月曜(祝日の場合は翌平日)、年末年始(12/29~1/3)
■設備:オムツ交換台、授乳室、自動販売機
■アクセス:
◇電車
・熊本電気鉄道「八景水谷」駅から徒歩約15分(タクシーで約5分)
◇バス
・熊本電鉄バス「八景水谷」停留所から徒歩約15分(タクシーで約5分)
◇ 車
中国自動車道「植木」ICから約20分 、九州自動車道「熊本」ICから約20分、九州自動車道「北熊本」ICから約10分
■駐車場 大型バス4台、普通自動車44台、障害者用2台(無料)
【HP】http://www.mizunokagakukan.jp

2019年4月取材

※上記の情報は取材時点のものです。お出かけの際は、各施設に最新の情報をご確認ください。

ページの先頭へ

おすすめサイト

  • プレゼントキャンペーン
  • Sanrio サンリオ公式サイト
  • BOOKS FOR CHILDREN
  • Neem Tree

ページの先頭へ