• HOME
  • 赤ちゃんクラブとは
  • プレゼント応募
  • リメイクレシピ付き!今月の常備菜レシピ
  • 今月の絵本
  • 全国の0円遊び場
  • イベント検索

あっと驚くリメイクレシピ付き! 今月の常備菜レシピ

「肉だんご」&「ごぼうのから揚げ」

このコーナーでは、初心者でも簡単においしく作れる常備菜を紹介します。メニューは「基本の常備菜」2品と、基本の常備菜をアレンジした「リメイクレシピ」2品の合計4品です。常備菜は多めに作っておくと便利ですが、同じおかずが続くのを嫌がるお子さまもいますよね。そんなときにリメイクレシピが大活躍! ぜひ日々の献立にお役立てください。

今回のメイン食材は、「合挽肉」と「ごぼう」です。合挽肉は、一般的には牛肉と豚肉を7:3の割合で合わせてミンチにしたもので、タンパク質が豊富な食材です。冷凍保存ができ、お弁当にも重宝する「肉だんご」にしました。アレンジは、トマト缶とキャベツで煮込んだシチューです。食物繊維が豊富で、便秘解消に効果的なごぼうは、疲労回復効果の期待できるアルギニンや利尿効果のあるイヌリン、カリウムなども含まれています。今回はスナック感覚で食べられる「ごぼうのから揚げ」にしました。アレンジは、鶏ムネ肉と合わせて甘辛ダレにからませたごはんの進む一品です。どちらもお子さまの喜ぶ味つけなので、リメイクメニューまでたっぷりと食べられるように、多めに作ってもよいかもしれません。

レシピ考案者:フードコーディネーター・スタイリスト/2人のお子さまのママ
鈴石真紀子さん

★常備菜の保存期間についての注意
よく冷ましてからフタをして、冷蔵庫に保管した場合での保存可能日数を表示しています。冷蔵庫の開閉頻度や食材の鮮度、季節や室内の状況によって前後します。常備菜の保存状態を見ながら判断してください。リメイクメニューについては、調理した当日中にお召し上がりください。

【ベース常備菜】①

肉だんご

材料(4人分)
  • 玉ねぎ…中1個(約100g)
    合挽肉…500g
    塩…小さじ1.5
    こしょう…少々
    パン粉…大さじ3
    卵…2個
    しょうゆ…小さじ1
    にんにく(すりおろし)…1片
    しょうが(すりおろし)…1片
    揚げ油…適量

    <お好みで>
    ししとうの素揚げ…適量


    保存期間:約3週間
    保存方法:冷凍保存
作り方
  1. 玉ねぎをみじん切りにする。
  2. ボウルに合挽肉、1)の玉ねぎ、塩、こしょう、パン粉、卵2個、しょうゆ、にんにくとしょうがのすりおろしを加えて、しっかりと粘り気が出るまでよくこねる。
  3. 2)のタネを大さじ1くらいずつ手で丸める。160度に熱した揚げ油に入れ、菜箸でコロコロと転がしながら、5~6分揚げれば完成。お好みで、素揚げしたししとうを添える。
ワンポイントアドバイス
低めの温度でやや長めに揚げることで、中までしっかりと火を通しましょう。ケチャップやソースを付けたり、甘酢あんにからめたりと、からめるソースで味わいの変化を楽しめるので、シンプルな調味で仕上げています。中にうずらの卵を入れるのもおすすめです。

ページの先頭へ

★アレンジメニュー★

肉だんごのトマト煮込み

材料(4人分)
  • キャベツ…1/4個
    玉ねぎ…中1/2個(約50g)
    にんにく…1片
    オリーブオイル…大さじ1
    トマト缶…1缶(約400g)
    水…200cc
    「肉だんご」…12個
    塩…適量
    こしょう…適量

    <お好みで>
    パセリ(粉末)…適量
作り方
  1. キャベツは5cm角のザク切りに、玉ねぎは1cm幅のくし切りにする。にんにくは粗みじん切りにする。
  2. フライパンにオリーブオイルと 1)のにんにくを入れて弱火にかける。にんにくの香りが立ってきたら、玉ねぎを入れて炒める。
  3. 玉ねぎの色が透明になったら、トマト缶と水を加えて中火にする。煮立ってきたら、キャベツと肉だんごを加えて弱火にし、約20分煮込む。塩・こしょうで味を調える。器に盛り、お好みでパセリを散らせば完成。
ワンポイントアドバイス
煮崩れを防ぐために、肉だんごはキャベツの上に置くようにして鍋に入れましょう。コトコトと弱火で煮込むことで、キャベツがやわらかくなり、甘いスープに仕上がります。お好みで粉チーズやチリペッパーを足してください。

ページの先頭へ

【ベース常備菜】②

ごぼうのから揚げ

材料(4人分)
  • ごぼう…4本
    しょうゆ…大さじ5
    酒…大さじ2
    しょうがの絞り汁…小さじ2
    にんにく(すりおろし)…1片
    片栗粉…大さじ6
    揚げ油…適量

    <お好みで>
    すだち、レモン、ライムなど…適量


    保存期間:3日間
    保存方法:冷蔵保存
作り方
  1. ごぼうは表面の汚れを取り、たわしや包丁の背で皮をそぐ。麺棒でごぼうの表面を強めに叩いてから5cmくらいの長さに切り、手で4等分くらいにさく。
  2. 1)のごぼうを軽く水洗いして、ボウルにあげる。しょうゆ、酒、しょうがの絞り汁、にんにくのすりおろしを加えてよく混ぜ、5分ほど置いて味をなじませる。
  3. 2)に片栗粉を加えて全体を混ぜる。170度に熱した揚げ油で、ごぼうの表面がこんがりとするまで揚げれば完成。お好みですだち、レモン、ライムなどを添える。
ワンポイントアドバイス
ごぼうは包丁でキレイに切りそろえるよりも、麺棒で叩き、手で割いた方が、味がからみやすく、また、食感よく仕上がります。仕上げにカレー粉や塩を軽くまぶして食べるのもおすすめです。揚げたてはもちろん、冷めてもおいしいので、お弁当のおかずにもおすすめです。

ページの先頭へ

★アレンジメニュー★

揚げごぼうと鶏ムネ肉の甘辛炒め

材料(4人分)
  • 鶏ムネ肉…1枚
    塩…ひとつまみ
    こしょう…少々
    酒…大さじ1
    片栗粉…大さじ1
    油…大さじ1
    「ごぼうのから揚げ」…100g

    【調味料】
    しょうゆ…大さじ1.5
    みりん…大さじ1
    砂糖…大さじ1/2
    酒…大さじ1
    水…大さじ1
作り方
  1. 鶏ムネ肉の皮を取り除き、一口大のそぎ切りにする。塩、こしょう、酒を揉みこみ、表面に片栗粉をまぶす。
  2. フライパンに油を引いて中火にかけ、1)の鶏ムネ肉を焼く。鶏ムネ肉の両面に焼き色が付いたら、「ごぼうのから揚げ」を入れて軽く混ぜる。【調味料】を全て混ぜ合わせてから入れて、全体に絡ませるように炒めたら完成。
ワンポイントアドバイス
鶏ムネ肉はそぎ切りにすることで、中まで短時間の加熱で火が通りやすくなります。また、表面に片栗粉をはたくことで、肉が柔らかく仕上がります。鶏ムネ肉の表面に付いている片栗粉は、全体にとろみを出す役割もあります。

ページの先頭へ

おすすめサイト

  • プレゼントキャンペーン
  • Sanrio サンリオ公式サイト
  • BOOKS FOR CHILDREN
  • Neem Tree

ページの先頭へ