• HOME
  • 赤ちゃんクラブとは
  • プレゼント応募
  • リメイクレシピ付き!今月の常備菜レシピ
  • 今月の絵本
  • 全国の0円遊び場
  • イベント検索

あっと驚くリメイクレシピ付き! 今月の常備菜レシピ

「小魚とナッツのメープル田作り」&「ニラそぼろ」

今回のメイン食材は、「小魚」と「ニラ」です。小魚のレシピは、スナック感覚で食べやすいので、カルシウム補給に活用ください。
ニラは疲労回復効果が期待でき、夏バテ防止におすすめの食材です。食欲をそそるメニューで、真夏のスタミナ補給はいかがでしょうか。

レシピ考案者:フードコーディネーター・スタイリスト/2人のお子さまのママ
鈴石真紀子さん

★常備菜の保存期間についての注意
よく冷ましてからフタをして、冷蔵庫に保管した場合での保存可能日数を表示しています。冷蔵庫の開閉頻度や食材の鮮度、季節や室内の状況によって前後します。常備菜の保存状態を見ながら判断してください。リメイクメニューについては、調理した当日中にお召し上がりください。

常備菜レシピ①

小魚とナッツのメープル田作り

材料(4人分)
  • ミックスナッツ(塩分無添加)…50g
    食べる小魚(塩分無添加が好ましい)…50g
    水…大さじ1/2
    しょうゆ…大さじ1/2
    メープルシロップ(砂糖でも可)…大さじ1
    酒…小さじ1

    保存期間:約5日間
    保存方法:冷蔵保存
作り方
  1. ミックスナッツを包丁で2~3等分に切る。
  2. 食べる小魚をフライパンに入れて弱火にかけ、ポキっと折れるくらいまでしっかりとから炒りする。途中で1)のミックスナッツを加え、香ばしくなるまでから炒りして取り出す。
  3. 2)のフライパンに水としょうゆ、メープルシロップを加えて中火にし、フツフツとしたら、2)の小魚とミックスナッツを加える。
  4. 全体に味がからんだら酒を加えてアルコール分を蒸発させたら火を止める。クッキングシートに広げ、冷めれば完成。
ワンポイントアドバイス
小魚は弱火でしっかりと炒ることで、カリッと香ばしく仕上がり、食べやすくなります。ミックスナッツは焦げ付きを防ぐために、小魚をある程度炒ってから加えるようにしましょう。

ページの先頭へ

リメイクレシピ①

小魚とチーズのパリパリせんべい

材料(2枚分)
  • スライスチーズ…2枚
    「小魚とナッツのメープル田作り」…15g
作り方
  1. クッキングシートの上に半分に切ったスライスチーズをのせ、「小魚とナッツのメープル田作り」を上にのせる。
  2. 600Wの電子レンジで1分半加熱し、常温にしばらく置いて冷まし、チーズがパリッとした状態になれば完成。
ワンポイントアドバイス
スライスチーズを加熱しすぎると焦げやすくなるので、加熱時間には注意しましょう。お好みで、スライスチーズが熱いうちにこしょうをまぶすと、ピリッとした味わいでおつまみにぴったりです。

ページの先頭へ

常備菜レシピ②

ニラそぼろ

材料(4人分)
  • ニラ…2束
    ごま油…大さじ1
    豚ひき肉…200g
    豆板醤(なくても可)…小さじ1/2
    砂糖…小さじ1と1/2
    しょうゆ…大さじ1と1/2

    保存期間:3日間
    保存方法:冷蔵保存
作り方
  1. ニラは5mm幅に切る。
  2. フライパンにごま油を引いて中火にかけ、豚ひき肉を加えてしばらく動かさずに焼き付ける。表面に少し焼き色が付いたら、ほぐしながら全体に火が通るまで炒める。
  3. 2)に豆板醤を加えて2~3分加熱し、香りと辛味を引き出してから、砂糖としょうゆを加えて全体になじませる。最後に1)のニラを加えて、サッと加熱したら火を止める。
ワンポイントアドバイス
豚ひき肉をフライパンに入れたら、しばらく動かさずに焦げ目を付けることで、香ばしさが引き立ちます。余計な水分が出ないよう、ニラを加えたら手早く仕上げましょう。ニラそぼろは、そうめんに和えたり、ごはんの上にかけたり、チャーハンにしたり、おにぎりの具材にしたりと万能なので、常備しておくと重宝します。

ページの先頭へ

リメイクレシピ②

エビニラ饅頭

材料(8個分)
  • むきエビ…50g
    「ニラそぼろ」…50g
    片栗粉…小さじ1/2
    餃子の皮(大判タイプ)…8枚
    ごま油…大さじ1
    水…大さじ2
作り方
  1. むきエビは包丁の背でつぶし、粗めに刻む。
  2. 1)と「ニラそぼろ」をボウルに入れ、片栗粉を加えてしっかりと混ぜる。
  3. 2)を8等分に分け、餃子の皮の中央に置く。周囲を水(分量外)で濡らし、片手でヒダを作り、もう片方の手でヒダをつまんで中心に寄せて固定し、花びらのような感じでヒダを重ねていく。最後に中心部分をキュとつまんで具が出ないようにする。
  4. フライパンにごま油を引いて中火にかけ、3)のエビニラ饅頭のヒダのある方を下にして焼く。焼き色が付いたら裏返し、両面に焼き色を付けてから、水を加えて蓋をし、5分ほど蒸し焼きにする。全体の水分が蒸発し、餃子の皮の表面が半透明になれば完成。
ワンポイントアドバイス
エビは粗めに刻んでプリッとした食感を残しましょう。包み方は一般的な餃子の形にしてもよいのですが、平らな丸型に包むことで、いつもの餃子とは違う食感と雰囲気を楽しめます。

ページの先頭へ

おすすめサイト

  • プレゼントキャンペーン
  • Sanrio サンリオ公式サイト
  • BOOKS FOR CHILDREN
  • Neem Tree

ページの先頭へ