• HOME
  • 赤ちゃんクラブとは
  • プレゼント応募
  • リメイクレシピ付き!今月の常備菜レシピ
  • 今月の絵本
  • 全国の0円遊び場
  • イベント検索

作品の魅力にグッと迫る!今月の絵本

雨を楽しむ絵本

雨を楽しむ絵本

『ぴょーん』(ポプラ社)
作:まつおか たつひで

◆作品の魅力
今月ご紹介する絵本は、雨が続き、家で過ごすことの多いこの時期にぴったりな作品です。「おそとはあめがふっているね。カエルさん、いるかな? ぴょーんって、はねているかな。」などとお子さまに語りかけながら、絵本を開いてみましょう。
かえるが、「ぴょーん」。こねこが、「ぴょーん」。いぬが、「ぴよよよよーん!」……。ページをめくるたびに、さまざまな生きものが勢いよく飛びはねます。ダイナミックな動きや力を込める表情をマネして、一緒に飛びはねてみると盛り上がります。手のひらサイズの絵本なので、車や電車などで移動する時のお供にもぴったり。お子さまが長距離移動や待ち時間に飽きてしまったときに、この絵本を読んであげることで、気分転換になることでしょう。

◆読み聞かせのポイント
読み聞かせをはじめたばかりの頃や、乳幼児のお子さまの場合、絵本の世界に集中できないこともあります。そんな時期には、こういった動きのある作品を選んでみるとよいかと思います。ページをめくりながら、声の抑揚や体の動きを付けて、「ぴょーん」の表現を工夫して読んでみてください。ママやパパの表情や動き、絵本の中の生きものの姿を見て、お子さまは「楽しい」「うれしい」「驚いた」など様々な感情を味わうことができます。また、楽しみながら繰り返し同じ表現に触れることで、自らマネして言葉を発するようになっていきます。

◆絵本作家の魅力
著者のまつおか たつひでさんは、自然科学や生きもののイラストレーターとしても活躍する絵本作家です。世界各地へ赴き、自然観察の旅をしながら多くの科学絵本を手がけています。『すばらしい世界の自然』(大日本図書)や『ジャングル』(岩崎書店)では厚生省児童福祉文化賞を、『熱帯探検図鑑』(偕成社)では絵本にっぽん賞など、数々の賞を受賞している実力派。生物の容姿や動き、生活の特徴を捉えた描写が丁寧に表現されています。『ぴょーん』は、シンプルな言葉とイラストの中で自然界の魅力を体感することができる作品です。

みどころ
©︎ まつおか たつひで
©︎ まつおか たつひで
この作品は、「幼児が最初に出会う科学絵本をつくってほしい」という要望から生まれた絵本です。それぞれの生きものの特徴がわかりやすく描かれているので、カエルの足の指や、トビウオの尾びれの長さを図鑑と見比べてみるのも楽しいと思います。公園やお散歩先で、絵本の中の生きもの探しをしてみてもいいですね。
わが家の娘はこの絵本が大好きで、読むたびに「ぴょーん」と飛びはねるマネをしていました。絵本の表紙を見るだけで、ぴょんぴょんしてゴキゲンになっていたのがなつかしい思い出です。雨でお外遊びができないときに、お家でこの絵本を読み、親子で一緒に体を動かせることをありがたく感じていました。各ご家庭でオリジナルの読み方や遊び方をしてお楽しみいただきたいです。

絵本の選定者:子育て絵本アドバイザー/絵本セラピスト 前田ちひろさん

ページの先頭へ

おすすめサイト

  • プレゼントキャンペーン
  • Sanrio サンリオ公式サイト
  • SanrioBB ゲーム動画壁紙がたくさんあるよ!
  • BOOKS FOR CHILDREN
  • Neem Tree

ページの先頭へ