• HOME
  • 赤ちゃんクラブとは
  • プレゼント応募
  • リメイクレシピ付き!今月の常備菜レシピ
  • 今月の絵本
  • 全国の0円遊び場
  • イベント検索

あっと驚くリメイクレシピ付き! 今月の常備菜レシピ

「鶏そぼろ」&「絹さやのナムル」

今月よりスタートしたこのコーナーでは、初心者でも簡単においしくつくれる常備菜を紹介します。メニューは「基本の常備菜」2品と、基本の常備菜をアレンジした「リメイクレシピ」2品の合計4品です。常備菜は多めにつくっておくと便利ですが、同じおかずが続くのを嫌がるお子さまもいますよね。そんなときにリメイクレシピが大活躍! ぜひ日々の献立にお役立てください。

今回のメイン食材は、鶏ひき肉と絹さやです。ヘルシーでリーズナブルな鶏ひき肉。甘めに味付けしておくことで、ご飯にのせて丼にしたり、お弁当の具材にしたり、野菜と一緒に炒めたりと、さまざまなアレンジができます。また、春野菜の絹さやは、サッと茹でてナムルにしておくと、副菜や、彩りを添える一品として役立ちます。さらに鶏そぼろと一緒にごはんに盛り付け、炒り卵を用意すれば、三色丼の完成です。

レシピ考案者:フードコーディネーター・スタイリスト/2人のお子さまのママ 鈴石真紀子さん


★ 常備菜の保存期間についての注意
よく冷めてからフタをして、冷蔵庫に保管した状態での保存可能日数を表示しています。冷蔵庫の開閉頻度や食材の鮮度、季節や室内の状況によって前後します。常備菜の保存状態を見ながら判断してください。リメイクメニューについては、調理した当日中にお召し上がりください。

【ベース常備菜】①

鶏そぼろ

材料(4人分)
  • 鶏ひき肉…200g
    A
    ┝酒…大さじ1
    ┝砂糖…大さじ2
    ┝みりん…大さじ2
    ┝しょうゆ…大さじ3

    しょうがの絞り汁…大さじ1

    保存期間:5日
    保存方法:冷蔵庫保存
作り方
  1. 鶏ひき肉とAの調味料を鍋に入れて、菜箸4本を束ねて持ち、手早くグルグルとかき混ぜる。ある程度混ざったところで火をつけ、さらに菜箸でかき混ぜながら中火で加熱する。
  2. 沸騰したら中火弱にし、しょうがの絞り汁を加え、5分ほど煮れば完成(煮汁が残る程度の状態が好ましい)。
ワンポイントアドバイス
鶏ひき肉と調味料は、火にかける前に鍋に入れた状態で混ぜ合わせておくと、鶏肉がポロポロになりやすく、美しい仕上がりになります。しょうがは、みじん切りにしたものをそのまま入れてもおいしいので、お好みの方法で調理してください。

ページの先頭へ

★アレンジメニュー★

麻婆豆腐

材料(2人分)
  • 鶏そぼろ…50g
    豆腐(木綿でも絹でも可)…1丁
    にんにく…1かけ
    長ネギ…1/2本
    ごま油…大さじ1/2
    豆板醤(トウバンジャン)…大さじ1/2
    水溶き片栗粉※…大さじ1/2
    万能ネギ(みじん切り)…適量
    A
    ┣甜麵醬(テンメンジャン)…大さじ1
    ┣紹興酒(酒)…大さじ1
    ┣しょうゆ…大さじ1/2
    ┣鶏ガラスープ(顆粒)…大さじ1/2
    ┣水…200cc

    ※水溶き片栗粉の分量は、水:片栗粉=1:1
作り方
  1. 豆腐は一口大にカットする。にんにく、長ネギはみじん切りにする。
  2. フライパンにごま油を入れて中火にかけ、みじん切りにしたにんにくを入れる。香りが出たら、長ネギを加えて炒める。
  3. 長ネギがしんなりしてきたら、豆板醤を入れる。豆板醤の香りが出たら、鶏そぼろとAの調味料を加えて中弱火にする。沸騰したら豆腐を入れ、2分ほど煮込んだら水溶き片栗粉を入れ、全体がしっかりと混ざりとろみがつくまで強火で40秒ほど加熱する。火を消して、万能ネギを上から散らせば完成。
ワンポイントアドバイス
鶏そぼろをベースにしているので、少し甘めの仕上がりになっています。豆板醤や甜麺醤の量を加減することで、辛さを調整してください。小さなお子さま用には、豆板醤や甜麺醤を入れずに調理してもよいでしょう。最後にお好みでラー油や花椒(ホァジョー)を加えることで辛味と旨味が加わり、香りよく仕上がります。

ページの先頭へ

【ベース常備菜】②

絹さやのナムル

材料(4人分)
  • 絹さや…100g
    塩…2つまみ
    しょうゆ…小さじ1/2
    ごま油…大さじ1/2
    すりごま(白)…大さじ1

    保存期間:3日間
    保存方法:冷蔵庫保存
作り方
  1. 絹さやはヘタと筋を取り除き、水洗いする。
  2. 沸騰した湯に塩(分量外)を入れ、1)を入れる。再び沸騰したら火を止め、絹さやをザルにあげる。
  3. ボウルに塩、しょうゆ、ごま油、すりごまを入れてよく混ぜ、2)を入れて全体を混ぜ合わせれば完成。
ワンポイントアドバイス
旬の絹さやは甘くてみずみずしいので、火を通しすぎないように注意し、シャキシャキとした食感を楽しみましょう。3)の工程で、にんにくのすりおろしを小さじ1程度足すと風味がアップします。

ページの先頭へ

★アレンジメニュー★

キンパ(韓国風のり巻き)

材料(2本分)
  • 絹さやのナムル…30g
    牛こま切れ肉…50g
    ごま油…小さじ1/2
    焼き海苔(全型/横19cm×縦21cm)…2枚
    キムチ…30g
    白ごま…適量

    A
    ┣コチュジャン…小さじ1/2
    ┣酒…小さじ1/2
    ┣砂糖…大さじ1/2
    ┣しょうゆ…小さじ1

    ◆ごはんの味付け
    ごはん…400g(2本分)
    ごま油…小さじ1/2
    塩…ひとつまみ
作り方
  1. 絹さやのナムルを、細長くなるように縦に2~3mmの細切りにする。
  2. 牛こま切れ肉は一口大にカットする。
  3. フライパンにごま油を熱し、牛肉を加え中火で3分ほど炒める。肉の色が半分ほど変わったら、Aの調味料を加えて全体に絡めながら5分ほど炒めて火を止める。
  4. ◆ごはんの味付け
    温かいごはんにごま油と塩(ひとつまみ)を加えて軽く混ぜ合わせ、粗熱をとる。
  5. 巻きすの上に焼き海苔を置き、4)のごはん半量を乗せる。ごはんは手前側を1cmほど、巻き終わり部分を3cmほど海苔を残して均等に置く。ごはんの中央部分に具材がそれぞれ横一列になるように並べていく。まずは一番手前に牛肉を乗せ、続いて絹さやのナムル、一番奥側にキムチを並べ、手前から巻いていく。巻き終わったら巻き終わりを下にし、全体がなじむまで、そのまま5分ほど置く。
  6. お好みの厚さにカットして断面が見えるように器に並べ、最後に白ごまを上からふりかければ完成。
ワンポイントアドバイス
牛肉は炒める際に、市販の焼肉のたれで味付けをしてもOK。牛肉の代わりに、基本の常備菜①の鶏そぼろに変えてもおいしくいただけます。具材は他にも、卵焼きやカニカマ、ツナなど、お好みのもので自由にアレンジしてください。

ページの先頭へ

おすすめサイト

  • プレゼントキャンペーン
  • Sanrio サンリオ公式サイト
  • SanrioBB ゲーム動画壁紙がたくさんあるよ!
  • BOOKS FOR CHILDREN
  • Neem Tree

ページの先頭へ